イベントのアイデア

【2020年】父の日プレゼントのアイデアがネタ切れ!おすすめギフト7選!

もうすぐお父さんに日頃の感謝を伝える日、父の日がやってきます。

2020年の父の日は6月21日(日)です。(第3日曜日)

日頃からお父さんに感謝の気持ちを言葉で伝えている人は少ないのではないでしょうか。

やっぱり、面と向かって伝えるのはいいことなのだけれど、何か恥ずかしいですし、いざ伝えようとしても言葉がでてこないのではないかと思います。

そこで、「父の日」くらいは日頃の感謝をあらためて確認して、ちゃんと伝えられる日にできるといいですよね。

毎年プレゼントを渡していると、ネタ切れしてしまうことがあると思います。

そこで、今回は、定番プレゼント(ネクタイやハンカチ、仕事で使える道具など)から少しずらしつつも、お父さんに喜んでもらえそうなプレゼントアイデアをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

プレゼントを考える上でのポイント!

お父さんへのプレゼントを考える上で、ぜひ抑えておきたいポイントがあります。
それが、こちらです。

・感謝の気持ちがわかりやすく伝わるもの
・趣味や嗜好にできるだけそったもの
・モノだけでなく、コト(体験や時間)にもフォーカスする

コテコテでもなんでも、とにかく感謝していることがわかりやすく伝わることが大切です。
ここに変なひねりを入れる必要はありません。

なぜなら、父の日は「娯楽の日」ではなく、「父に感謝を伝える日」だからです。

モノだけでも、もちろん喜ばれると思いますが、金額や量には限度があり、適正があります。

コトだけでも十分なプレゼントになるということを念頭においておきましょう。
例えば、「子供と一緒に過ごす時間」は何をしていてもそれは親にとってはプレゼントとなり、そして大切な思い出となるのです。

具体的なプレゼントアイデア7選!

スタバカードを贈る

コーヒーを飲むお父さんならば、スタバカードなどはかなり便利です。

もちろんお父さんが好きなお店のギフトカードならば、どこでも良いと思います。

仕事の合間の休憩に、プライベートで家から出てゆっくりと、臨機応変に使ってもらえます。

定番商品で旅行券やグルメ券などのギフト券は結構扱われますが、意外とショップのギフトカードを父の日に渡されることは少ないようです。

 スタバギフトカードはこちら 

ゲームソフト

今や、ゲームは子供のためだけのものではありません。

新しいゲームに抵抗があるお父さんでも、レトロなゲーム(インベーダーゲームなど)や、昔ながらのクロスワードのアプリなどをお父さんにプレゼントしてみてはいかかでしょう?

すでにタブレットなどお持ちであれば、アプリを落としてあげてもいいでしょう。

スポーツ観戦好きなお父さんならば、そのスポーツのゲームソフトとゲーム機をプレゼントして、一緒に対戦してひとときを過ごすのも良いと思います。


お孫さんがすでにいらっしゃるようならば、今なら、Nintendo「どうぶつの森」で一緒にゲーム内で交流できたりすると楽しいでしょうね!


ハット・サングラスなどのファッション小物を贈る

普段、帽子やサングラスを使わないお父さんには意外性のプレゼントになるのではないでしょうか?

「自分では似合わないからわざわざ買ったことがない」というお父さんは結構いるものです。

ファッション系はなんでもそうですが、最初は抵抗ありますが、一度使ってしまえば、馴染むことも多いです。

このプレゼントの場合は、趣味や嗜好にあったものというよりは、将来入るかも?の提案プレゼントです。

一度新しい自分を発見してみない?とプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

「似合うかなぁ」「どうかなぁ」「素敵だよ!」といった会話のやりとりをすることがすでに普段あまりない「貴重な時間」だと思いませんか?

趣味に付き合って一緒にいく

お父さんが好きなスポーツチームはありますか?

一緒に応援観戦に行ってみましょう!

サッカー観戦、野球観戦、バスケットボール観戦など。

あえて、お父さんが知らないけど、自分は面白いと思うスポーツの観戦に連れて行ってみるというのもいいかもしれませんね。

もし、お父さん自身が微妙だとしても、子供と一緒にスポーツ観戦に行けること自体、とても嬉しいものです。

スポーツではなく、文化的な趣味をお持ちであれば、美術館や博物館、展覧会などでももちろん喜ばれることでしょう。

美術館などは1人で行って、自分との対話を楽しむところもありますが、それとは別でやっぱり感想を述べ合ったりしあうのも大切な楽しみです。

特に子供になれば、なおさらです。おすすめです。

手料理を作ってあげる

普段料理をしない方は、一品でも良いので作ってプレゼントしてあげられるといいですね!

プレゼントはもちろんですが、「料理にかけた時間」「一緒に楽しい食事を食べる時間」もプレゼントできます。

お酒が好きなお父さんなら「酒のつまみ」1品でもいいので、作ってあげられれば喜ばれると思います。

その後には、一緒に食事を味わいながら、感謝の気持ちを言葉にしつつ、会話を楽しみましょう!

動画作品を贈る

スマホ1つで簡単に撮影から編集までできてしまいます。

この機能を使わない手はない!ということで、動画を撮って編集してプレゼントにしてみたらかなり喜ばれると思いますよ。

今は、本当に簡単にできます。

メーセージ動画をとったら、編集ソフトにそのデータを放り込むだけで映像作品ができてしまうものもたくさんあります。

世界に一つだけの、そして、その時(年齢)限定の、スペシャルプレゼントになることでしょう!

おすすめ動画編集アプリはこちらのサイトで詳しく書かれています。

 somethingfun! 

お父さんの青春の映画を一緒に見る

思い出の映画というのは、よっぽど映画が嫌い出ない限り、人それぞれあるものです。

お父さん世代の懐かしい映画をレンタルして(動画配信サイトなどで)一緒に見てみましょう。

ポイントは自分が好きな映画を見るのではなく、お父さんが喜ぶ映画を見るということです。

「生まれた頃の映画」なんて題してワインみたいに、西暦で見つけても面白いかもしれませんね。

こちらから西暦でおすすめ公開映画を調べることができます。

filmarks

やっぱり手紙も添えられればベスト!

そして、プレゼントと一緒にぜひ渡したいのが、やはりこれはTHE・定番の「手紙」です。

しかし、親にとって、子供からの手紙は本当に何よりも嬉しいものです。

長く上手く書く必要は全然ないので、「感謝の気持ちを素直な言葉」で書きましょう。

普段は面と向かって言えない&使えないワードも、手紙なら書けるはずです。

⚫︎家族のためにしてくれていること
(1つでもいいので具体的に書けるとベストです)

⚫︎それに対する自分の感情&伝えたい言葉

⚫︎お父さんの健康を気遣う言葉

この3行でもいいと思います。

メッセージカードやレターセットなどに書いて、ぜひ渡せてあげられれば最高ですね!

まとめ

母の日がフォーカスされて、父の日はそんなにといった家庭が多いように思いますが、
お父さんは期待してます、きっと(笑)。

特別なモノではなくて全然良いと思うので、「素直な気持ち」を言葉なり形で表現してくれたら、それだけで大満足だと思います。

そこだけはおさえてプレゼントしましょう。

このサイトを見てくれているあなたが、こうやって「考えている時間」がすでにプレゼントになっています。

素敵な父の日になるといいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。