TVの気になる人

激レアさんを連れてきた|安井友梨のプロフィールを調査【4月18日】

4月18日に放送される『激レアさんを連れてきた。』に、ゲストとして、安井友梨(やすい ゆり)さんが出演されます。

『激レアさんを連れてきた。』といえば、とにかく漫画のような嘘のような「激レア」体験をされた方が、毎回登場し度肝を抜かれます。

そして、研究員にオードリーの若林さん、研究員助手に弘中綾香アナが司会となり、
その激レアさんをいじっていじっていじりまくるというとっても面白い番組です。

笑いと驚きはもちろん、時にはリアルに役立つ知識も交えて紹介してくれます。

今回はその番組に出演される、安井友梨(やすい ゆり)さんについてご紹介していきたいと思います!

安井友梨(やすい ゆり)さんのプロフィールは?

安井 友梨(やすい ゆり)

生年月日:1984年1月13日

年齢:36歳(2020年4月時点)

身長:173cm

出身地:愛知県

体重:オン 52kg オフ 66kg(※オンは大会に向けて体重を絞る時期)

血液型:O型

大学:椙山女子学園大学

職業:外資系金融営業職

勤務先:オーストラリア・ニュージーランド銀行

趣味:美味しいものを食べること(和菓子特におはぎは大好き)

・学生時代はバレーボール部に所属。大学では茶道をおこなっていました。

・30歳を超え、自己流ではなかなか痩せなくなってきて、ジムに通い始めたのが「フィットネスビキニ」に出会ったきっかけだそうです。どんな体にしようか考えている時に、「フィットネスビキニ」の優勝者の写真と出会い、本格的にトレーニングを開始しました。

安井友梨さんの経歴は?

普段はオーストラリアニュージーランド銀行で営業として活躍しながら、

2014年12月からダイエットをきっかけに、本格的にトレーニングを開始し、わずか10ヵ月で「オールジャパンフィットネスビキニ」のチャンピオンになります!

 

ちなみに、フィットネスビキニとは?

フィットネスビキニ(トータルプロポーション)
バランスのとれたプロポーション、センスの良いヘアースタイルや顔立ち、肌の色つや、態度に品があるか、女性らしく健康的か等が審査される。また、スポーツや食事療法の努力の跡が見られることも重要で、フィジークやボディフィットネスの選手ほど鍛えこみや筋量は要求されないが、単に生まれつき綺麗なプロポーションだけの競技ではない。
トータルパッケージの要素としてコスチュームが占める割合はかなり大きい。

引用元:JBBF Training Community

 

受賞歴はこちらです。

JBBFオールジャパンフィットネスビキニ選手権大会2016年〜5連覇中!

IFBB世界フィットネス選手権日本代表

2019年アジアビキニフィットネス選手権総合優勝

2018年アーノルドクラシック【アマチュアビキニ部門4位】

安井友梨さんはどんな人柄?エピソードなど!

「競技と仕事の“二刀流”でOLの星になりたい」と語っており、「仕事に支障があるような競技活動はしない!」と決めているそうです。
それが結果的に効率化を生み、仕事の営業成績もぐんとあがったそうです。

・フィットネスビキニの全カテゴリーで表彰台を独占しているのがロシアです。
そこで、安井友梨さんはロシアに単身2度渡り、ヘアメイクやポージング、トレーニング方法を学んできたそうです。さすがの行動力ですね!

「1日1歩だけ進むこと」
自分の中で達成できそうな小さな目標を決めて、とにかくゴールテープを切り続けるようにしているそうで、モチベーションコントロールのうまさも垣間見れます。

おはぎが好きすぎて、1日に10〜20個も食べる時もあるそうです
旅行先ではおはぎアンテナを張っていて、訪れることも。
大会後に真っ先に食べるのはやっぱりおはぎ!

・トレーニングの方法は週に3回パーソナルトレーナーについてもらって行い、週に1回は自主トレをするのがルーティーンのようです。

・ブログは自身のフィットネス記録として、スタートしたものだったそうです。

とても自分に厳しくストイックなイメージを受けますね!
トレーニングをしているからというのはもちろんですが、メンタルももともと強い方なのではないでしょうか?
仕事も競技の成績も優秀なことから、頭もかなりキレる人方なのだなと思いました。

まさに、心技体が充実しているイメージです!

まとめ

「激レアさんを連れてきた。」(4月18日放送)に出演された安井友梨(やすい ゆり)さんのプロフィールと経歴でした!

「OL」と「フィットネスビキニ」を両立させながらも、どちらも素晴らしい結果を残している安井友梨さん。

努力家でストイックなメンタルと、
目標に向けて一歩一歩確実に進んでいける行動力は尊敬しかありません。

益々すごい舞台へとぜひ羽ばたいていって欲しいですね!

応援します!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!