TVの気になる人

オドぜひ|磯貝アナの経歴やプロフィールは?アシスタントが可愛い!

「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」は、「オードリー」×「素人」の口コミバラエティー番組です。

この番組は(通称:オドぜひ)は「オードリーに会いたい!」という人に口コミを投稿してもらい、オードリーが会いたい!と思った投稿者に会うというシンプルな番組です。

番組のアシスタントをされているのが、磯貝アナ(磯貝初奈)さんです。

そこで、今回はこの磯貝初奈(いそがい はな)さんに注目して調べてみましたので、どうぞお付き合いくださいませ!

磯貝アナ(磯貝初奈さん)のプロフィールは?

名前:磯貝 初奈(いそがい はな)

愛称:はなちゃん

出身:東京都世田谷区

生年月日:1993年11月20日

年齢:26歳(2020年4月現在)

身長:165cm

血液型:B型

趣味:バレエ、ダンス、映画・ドラマ鑑賞、音楽鑑賞、カラオケ、読書

特技:ダンス、百人一首

資格:気象予報士

最終学歴:東京大学工学部社会基盤学科卒業

所属:セント・フォース(スプラウト)→中京テレビ

バレエを幼稚園の頃に始めたそうですが、なんとも上手くできずに。
それでも、「わたし変なポーズだなあ」って笑えて、面白くなってきてしまし、続けていたそうです。(笑)

東京女子御三家と言われる桜蔭中学校・高等学校卒業をへて、東京大学部工学部に入学されます。
桜蔭は家がお金持ちかつ学力がとトップクラスでないとなかなか入れない、まさにお嬢様の為の学校といってもいいような学校です。
磯貝アナのお母さまが桜蔭出身で、楽しそうな学校だなと思ったのが入学を決めた動機だそうです。

・中学は英語劇部、高校は料理部に所属していました。
英語劇「ライオンキング」では、ヤングナラ役を演じました。

大学生の頃から気象予報士として活躍されています。
合格率5%と言われる超難関資格ですが、見事に高校一年生の時に取得されています。
本当に驚きですね!

磯貝アナの経歴は?

日本テレビの「スッキリ!!」に出演した時に、偶然事務所の人が見ていて、スカウトされたそうです。

東大在学中の2013年4月から1年間、日本テレビ『NEWS ZERO』の天気コーナーを担当しており、東大美女として話題になっていました。

東大では、ミス東大コンテスト2015に出場し、準ミスに選ばれています。

大学卒業後、2016年4月に中京テレビに入社

記者研修を経て、9月22日に以前出演していた『NEWS ZERO』のローカルニュース枠でアナウンサーデビューを果たしました。

そして、人気バラエティ番組の「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」2代目アシスタントとして抜擢されました。

主な出演経歴はこちらです。

【 TV 】

ぐっと
ストライク!

ササシマBASE Lab.
情報ライブ ミヤネ屋
ボイメン ジャパネスク

NEWS ZERO お天気キャスター
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!

磯貝アナの人柄がわかるエピソードは?

・小さい頃は、常にボーッとしている子だったらしく、幼稚園では「意識不明の子」って呼ばれてたそうです。
「意識不明の子」って、もうその言葉だけでかなりやばそうな匂いがプンプンします(笑)

中高6年間無遅刻無欠席の皆勤賞だそうです。なかなかできることじゃありません。

・アナウンサーになろうと決めた時に、お母様から、
「あなたの容姿だったら、気象予報士の資格くらい持たないと、可能性はないわよ」
といわれたそうで、高1の夏休みは、1日10時間、全て予報士の資格勉強に充てていたそうです。
とても頑張り屋な感じがしますね。

・磯貝アナは、人に影響を受けやすく、近くにいる人が楽しいと自分も楽しくなってしますタイプのようです。

・アナウンサーになったきっかけは、おばあ様に言われた言葉だそうで、
人に会うというのは人生の財産。普段なかなか出会えない人に会える、刺激的で魅力的な仕事だ
と勧められたそうです。

・磯貝アナは、「2ちゃんねる」とか見ても全然平気なんだそうで、
「母親が私に言うツッコミと同じだ!」って思ったりして楽しめてしまうそうです。
昔から神経がかなり図太いって周りに言われていたみたいです。
なんでも面白くみれてしまう性格は、とてもうらやましく思えるし、そんな性格だからこそ、また磯貝アナの魅力に繋がっているのかもしれませんね。

まとめ

「オードリーさん、ぜひ会ってほしい人がいるんです。」にアシスタントとして出演されている磯貝初奈(いそがい はな)さんのご紹介でした。

お嬢様とよばれるエリートコースを進みながらも、頑張り屋で、すこし変わった面白い面もあるという、とても魅力に溢れた方ですね。

天真爛漫の笑顔にも、癒されます!

これからも暖かい目で応援していただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!