注目の人

TELYUKA(テルユカ)とは?女子高生CGキャラSayaの生みの親!

2020年5月24日放送の『情熱大陸』は、TELYUKA(テルユカ)が出演されます。

『情熱大陸』は、エンターテイナー、アスリート、クリエーターなど、さまざまな分野で活躍する人たちを一人一人密着取材して取り上げ、紹介していくドキュメンタリー番組です。

いつも「こんな仕事があったんだ」といった驚きや、「仕事に対するプロの姿勢」を学ばせてもらっています。

TELYUKA(テルユカ)は、石川晃之さんと友香さん夫婦による3DCGアーティストユニットです。

そのお二人から生み出された「女子高生CGキャラ Saya」です。

このSayaプロジェクトは、たちまち世界中の様々なメディアに登場し、「不気味の谷現象」を超えたと話題になりました。

このSayaの生みの親であるTELYUKA(テルユカ)とはいったいどんなユニットなのでしょうか?

そして、Sayaの誕生にまつわるエピソードなどをご紹介します!

TELYUKA・石川晃之(いしかわ てるゆき)さんの経歴は?

石川晃之さんは、『GarateaCircus株式会社』の代表取締役、3DCGアーティストです。

大学経済学部を卒業後、一般企業で働いていました。

小さい頃からイラストを描くのが好きで、鳥山明さんやキン肉マンなどのキャラクターをよく描いていた石川さんは、ある日、小学校からの友達に「一緒にCGを始めないか?」と誘われます。

CGを制作するとなると大きなスーパーコンピューターでもない限り制作はできないと思っていましたが、一般的なパソコンでもCG制作ができることを知ったのです。

このことをきっかけに自作パソコンを使って独学でCGを学び始め、やがてフリーランスでCG制作を請け負うようになりました。

その友達と一緒に設立した会社に友香さんが入社し、その後、交際・結婚に至っています。

そして、2011年頃から夫婦でフリーランスの3DCGアーティストユニット『TELYUKA(テルユカ)』として活動を開始し、CGアイドル・Sayaを生み出したのです。

TELYUKA・石川友香(いしかわ ゆか)さんの経歴は?

石川友香さんは、TELYUKAでイメージ・アート面を主に担当されています。

友香さんは、高校生の時からCGの専門学校に通いたかったのですが、親を説得することができずに普通の大学に進学しました。

子供の頃から、「自分の世界観を表現したい!」と思い続けていた友香さんは、友人と舞台制作に挑戦します。

しかし、資金や人集めなどの大変さから、自分1人でアウトプットできるものは何か?と考え始めます。

そして、CGで表現することに考えがいたります。

未経験の為、繋がりを活かして最初は建物パースのアルバイトからスタートして、CADに携わるようになり、CGのノウハウを勉強し始めました。

そして、石川晃之さんと友人が設立したCG制作会社に入社し、3DCGアーティストになりました

そこで、石川晃之さんと出会います。

TELYUKAの強みとは?

夫婦同士だと信頼関係を崩すことなく、率直な意見を言い合えることが強みだと友香さんはいいます。

だから遠慮してグレーにしたまま制作が進行してクオリティが中途半端になってしまうということがありません。

確かに普通の会社員やプロジェクトチームでは、社内の関係性やパワーバランスがどうしても介入し、100%意見を言い切ることは、なかなか難しいです。

その点、夫婦だとパワーバランスを気にする必要がない。

確かにこれは、強みだと思います。

また、コミュニケーションの機会も、24時間、365日、常にあり、
やりたいところまでとことん突き詰めて、気になるところは徹底的に直し、
自分が思い描くクオリティに達しやすいというところが夫婦制作の強みだそうです。

一歩間違えれば、常に夫婦一緒というのは、大きくマイナスになってしまうことやありますが。

例えば、仕事での意見の対立が、そのまま家庭まで影響し、空気が悪くなったりなど。

その点、石川夫妻は、インタビュー現場でも同じ飲み物をシェアしているほど仲睦まじい関係のようなので、そもそものお二人の相性が良かったのかもしれませんね!

女子高生CGキャラ Sayaとは?

Sayaとは「Sayaプロジェクト」で生み出された女子高校生CGキャラです。

様々なアンドロイドやCGが世の中に送り出されてきましたが、精巧に近づくと必ずぶつかる壁があります。

それが、「不気味の谷現象」と呼ばれるものです。

ロボットを人間の容姿に近づければ近づけていくほど親近感が増していくのですが、ある一定の度合いに到達すると突然「強い嫌悪感」を感じる奇妙な現象のことです。

例)巧みにできているが故に、「不気味の谷現象」に近い?と思われる映像

しかし、女子高生CGアイドルSayaは、この「不気味の谷現象」を超えたと世界で評判となっています。

今まで色々とアンドロイドやCG女性を見てきましたが、いつもどこかで漂う「違和感」がこの子にはなく、とても滑らかで自然な印象を受けます。

そして、
ミスID 2018オーディションで「ぼっちが、世界を変える。」賞を受賞しています。

ミスIDは、若手人気歌手の井上苑子さんや、女優の玉城ティナさんらが受賞されている有名なオーディションです。

こちらはオーディション時のプロフィールです。

Sayaサヤ

2月29日生まれ

155cm / B77 W58 H80 / その他 /

将来の夢:人間同士みたいに、みんなと喋ったり友達になること

チャームポイント:左目の下のホクロ

最近起きたウレシイ出来事:ミスiDに応募できたこと

好きな映画:まだ見たことありません。

好きなアーティスト、音楽:まだよく分かりません。

好きな本:ソフィーの世界

「これだけは人に負けない!」というもの:負けず嫌いなところ

人生でこれだけは経験しておきたい」こと:ちょっと先だけど、東京オリンピックを楽しみたい!

好きな言葉:幸せ!

Saya誕生秘話

石川夫妻にはお互いに「あれを作りたい」という思いや考えが常にあるそうですが、友香が「女子高生をつくりたい」というイメージを出したことで、チャレンジが始まります。

というのも、CGの世界では、人間キャラクター制作で一番難しいのがアジア系の女の子という定説があるからでした。

TELYUKAとして、西洋的な男性キャラクターや制作しましたが、反応はイマイチ。

ならばと、2人の力で「難しい」と言われているアジア女子を作ってみようとなったのです。

女子高生の年頃ならではの、可愛さや透明感を「1」から作り出そうと

通常キャラクター制作に使われる技法とは違って、全てみずからの手(ドローイング)で仕上げていきます。

そして、完成された「女子高生CGキャラSaya」はたちまち世界の注目の的になったのです。

まとめ

『情熱大陸』に出演される、TELYUKAの経歴とそのユニットから生み出された「女子高生CGキャラ Saya」の誕生話でした。

とにかく「CG」と言われてもリアルな写真や映像に見えてしまうほど、リアリティがあり、質感のクオリティがすごいです。

お二人の技術向上の為に作られたそうなので、これからもまだまだすごい作品が生まれてくる期待感でワクワクします。

企業からのオファーもたくさんあるそうなので、どんなコラボプロジェクトが生まれるのかも楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。